“蟲のこゑ”

一日毎に朝夕の風に秋の気配が感じられるようになりました。それにしても、今夏は震災の影響か地球的な気候変動の故か蝉時雨が遅くお盆過ぎから・・・!!

その分、秋の虫の音が早い気がします。秋の虫と言えば、マツムシ・スズムシ・エンマコウロギ・クツワムシ・キリギリス等々沢山いますが、その代表格はスズムシでしょうか?

文部省唱歌「蟲のこゑ」(むしのこえ)・・・あれ鈴蟲も鳴き出した。りんりんりんりんりんりん・・・。

「源氏物語」54帖の巻名のひとつ、第38帖が「鈴虫」で二千円札の裏に描かれているのをご存知ですか?

またスズムシの声は周波数が高く、電話(携帯電話含む)ではその声を伝えられないそうです。

※因みにネットで「秋の鳴く虫」「虫の声」と検索すると色々な虫の声が聞けますよ!

秋の夜長、虫の音を聞きながら月を眺め宇宙を眺め地球儀を見つめ異国の地を思う・・・そんな妄想にふけるのも乙な物かもしれません。

「おほかたの秋をば憂しと知りにしをふり捨てがたき鈴虫の声」 磯

コメントをどうぞ