暑い日が続きます。

先月(6月)に入り記録的な気温上昇が続きます。

24日には埼玉県熊谷市で39.8度を観測し、6月の気温としては国内最高となりました。

ご存知でしょうか、日本の最高気温と最低気温。最高気温1位は岐阜県多治見市と埼玉県熊谷市が2007年8月16日に記録した40.9度。

最低気温1位は北海道旭川市が1902年1月25日に記録したマイナス41.0度。

いつもテレビのニュースや新聞記事、普段の会話の中で使っている気温に関する用語もわかりますか?

夏日(なつび)・・・最高気温が25度以上の日

真夏日(まなつび)・・・最高気温が30度以上の日

猛暑日(もうしょび)・・・最高気温が35度以上の日

熱帯夜(ねったいや)・・・夜間の最低気温が25度以上の日

真夏夜(まなつや)・・・最低気温が20度以上の日

こんな文字を見ているだけでも熱くなりますね。

いづれにしろ暑い日が続きます。節電の折、くれぐれも熱中症に気を付け仕事を頑張りましょう。

コメントをどうぞ